読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADHD大学生の日々

二度目の大学生活を送る、成人ADHD。コンサータその他服用中。

表情を作ることのむずかしさ

アルバイトと発話

私はコミュニケーションに難のある人間です。文章でのやりとりの方がやりやすく、会話を大変苦手としています。とくに「発話」ができず、雑談を話しかけることができません。「返事」はそれに比べるとましという程度です。大学の講義で「質問を考えて」と言われたり、グループワークがあったり、みんなで議論したりということがあると、そのたびに押し黙ってしまうような感じです。まっしろで何も浮かばないのです。そんな自分がいやでたまらないこともあります。

そんな私ですが、現在子どもを相手に家庭教師のアルバイトをしています。苦手な教科があり、なかなか集中しづらいといった、私にすこし似ているかもしれない子たちです。彼ら・彼女らもまた、コミュニケーションが不得手であるのかもしれません。

子どもたちの前では、私は人生の先輩として振る舞わねばならないという自覚を持ちます。自分から声をかけて、授業を進めていかなければなりません。彼ら・彼女らの様子をつぶさに見て、苦手な部分を解決するのが私の仕事です。そこには「発話」が必要不可欠です。自分から始めたアルバイトですが、当初は「私にできるのか?」とかなり不安でした。

授業を進めるうえでの発話はそれなりにできるようになってきました。自分と生徒のペースで授業運営ができるため、考えるのがゆっくりでもいいのが良いところです。ただ、雑談となると何も浮かばなくなり、子ども相手としてはかなり静かな授業になってしまっているのも事実です。やっとのことでひねり出した発話の返事が返ってこないために(答えが思い浮かばないのか、興味がないのか、聞いていないのかはわかりませんが)「自分の授業はつまらないかな」「話しかけ方が悪かったかな」と自分を責めることも多いです。

自分のペースでできるということは、お手本がないということでもあります。私のようなコミュニケーションが不得手でない人だったら、どうするんだろうという部分が見えず、不安な気持ちもあります。

それでも好きで始めたこの仕事は、私に成長をもたらすと信じています。少しずつ生徒が前進していく様子を見るのはやはり嬉しいです。通勤時間の長ささえなければ…。

目を見る、表情を作ることができない

授業中、意識的にほめるだとか「教育者っぽい」ことをやるのですが、いかんせんコミュニケーションがアレなのでなかなか伝わっていないように感じます。普段からそうなのですが、私は人の目を見たり、表情を作ったり、お世辞を言ったりということがあまりできません。本心から思っていても、言葉に抑揚がなかったり、笑えていなかったりして逆にお世辞だと思われることもあります。生徒をほめるときもちゃんと伝わっているのか心配になります。

目を見ることと表情を作ることはつながっているのではないかと思います。私は相手の目、というか顔すらほとんど見ていないので、相手の表情もわからないのです。だから自分がどういう顔をしているのか、どういう顔をすればいいのかも自覚が及ばない。表情をうかがうことができないから、表情を作れないということなのかなと思いました。話すことに集中しすぎて、表情まで考えが及ばないということもあるでしょう。

さすがに直したい、けれども

二十余年こんな感じできたので、特性もありなかなかむずかしいところですね。家から出なさすぎてコミュニケーション不足ということもあるので、もっといろんな人とお話する必要がありますね。心理職を目指していることですし。こんなんで大丈夫なのだろうか…。

目を見なくとも、相手の眉間あたりを見ればそれっぽくなるとよく聞きますが、たぶん私は首元あたりを見てる気がします。それかぜんぜん別のものを。診察のときはずっとカレンダーか時計を見ています。癖がなかなか治らないです。

こんな大人になるはずじゃなかった。だけど明日も目が泳ぐ。

なにか良い対処法があったらどうぞ教えてください。お待ちしております。