ADHD大学生の日々

二度目の大学生活を送る、成人ADHD。コンサータその他服用中。

立入勝義著『ADHDでよかった』を読んだ話

こんにちは、もちこです。

ADHDに関連する新書を読みまして、せっかくなので感想を残しておこうと思います。

なるべく落ち着いて書いたつもりですが、コンプレックスを刺激されて少々叩き気味になっています。

ADHDでよかった (新潮新書)

ADHDでよかった (新潮新書)

 

この本を読んでいる間ずっと感じていたことがひとつあります。

私と著者はどちらもADHDである(らしい)けれども、まるで違う性質だということです。

DSM-IV-TRでは、ADHDを「多動・衝動性優勢」「不注意優勢」「混合型」の3つに分けていますが、私と著者とではこの型が違うのかなと感じました。私は多動があまりありません(頭のなかはごちゃついてますが)。それから、私はやっぱりASD併発だなと。過集中、時間や金銭の管理、整理整頓、権威への反発など共通する部分もいろいろあったのですが、私は同じ本やゲームを繰り返しやったり、複数回行ったお店で毎回同じメニューを頼んだり(新しいものに自分からあまり手を出せない)、人見知りが激しい・感情表現が苦手であるため対人関係が不得手であったりと、ASD優勢な気すらします。私もやはり衝動性が現れると突拍子もないことをしますが、いつも新しい一歩を踏み出すのが億劫でないというのはうらやましい限りだと感じました。

本書の内容についてのあれこれ

本書では序盤に著者である立入氏の生い立ちが事細かに記され、幼少期や学生時代の思い出、ADHDらしい失敗が具体的なエピソードとともに紹介されています。転機となったアメリカへの留学、そこでの奥様との出会い、結婚後の奥様との諍いなど盛りだくさんです。まさに波乱万丈ですね。Amazonでの著者紹介の欄にアメリカ在住でカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)出身、大企業での勤務経験もありとあったのを最初に見て、「なんだエリートの自慢日記か…」と思ったのですが、挫折の日々がつづられています。長くて何度も休憩しましたけども…。

 

大学を卒業した後の著者は、日本に帰国して就職。その後アメリカへ再び渡り法人の代表を任されたり、独立して事業を立ち上げたり、会社の社長を任されたりとキャリアを積んでいきます。いわく仕事運に恵まれており、ささやかな自慢として例外(職に対してスペックが高すぎた)を除いては第一志望の面接で落とされたことがないそうです。この自慢を書けるようになるまでにはずいぶんかかったでしょうが、それを加味しても書く必要のないことですね…。この文もまた、書く必要のないことですが。

事業での失敗や部下、同僚と人間関係がぎくしゃくしたこと、メールの文面で大問題になったこと、ビジネスパートナーの人選ミスなど、仕事での失敗談も多く書かれています。ADHDで社会人の方はあるあるなのかもしれませんね。芸術肌、経営やフリーランス向きという意見も述べています。ADHDは自己管理が苦手なので難しいところではあると思います。

 

以上が三章までで、四章ではADHDの人におすすめの時間配分法、スマートフォンアプリなどが紹介されています。

などなど。私はいつも普通の音楽を流しているので、瞑想音楽は取り入れたいと思いました。ウィッシュリストも、私は紙で管理していたのですが、携帯のほうがよくチェックできそうです。

それから、適材適所でやればADHDも成功できるよという内容。ADHDを公表している、または推測される人々の話。この辺はありがちで、ネットでも拾えますね。

第五章の親との関係は胸に迫るものがありました。親のようになりたくないと思うほど、似てしまうのは痛いほどわかります。私も母のような怒り方をしたくないと思う反面、似てしまっていて自己嫌悪に陥ります。著者は自らの父を受け入れることができ、比較することなくお子さんや奥様との関係がより円滑になったそうです。

発達障害を持つ子どもへのギフテッド教育、才能の伸ばし方、ケアの仕方など日本社会へのさまざまな提言を第六章に据え、本書は終わります。こうしてみると、内容が多岐に渡りますね。200ページあるうちの半分以上は著者の経歴と経験談ですが…。

もやもやする部分 

ADHDは障害であり、病気とは違い完治はしないとドクターに伝えられたと第一章で書きました。しかし、それから八年経ち、今では対処法を学べば克服していくことができると信じるに至りました。(p.114)

 (前略)自閉症スペクトラムでも軽度のADHDアスペルガー症候群を克服することは、体験上それほど難しくありません。(p.115)

「克服」とはなんでしょうか?困難に打ち勝ち、乗り越えることです。

「克服することは難しくない?私が甘ったれてるから克服できないのか?」そんな考えがぐるぐる頭の中で回り始めていました。辞書的な意味に執着しすぎでしょうか?「難しくない」とただ言ってしまうのは問題があるように思います。

日本ではADHDの薬はコンサータストラテラのみですが、アメリカではリタリンもありますし、ヴァイヴァンスという薬もあるそうですが、著者は薬を飲まなくなって結構経つとのこと。薬なしでコントロールする術を身に着けたといい、「そんなの身に着いたら苦労しないわ」などと言いがかりをつける私でした。

あとは野暮ですがお金関係の話。実家が裕福でないこと、借金癖があること、事業がうまくいかないことも多いことは繰り返し語られていますが、私立大を受けるなど普通にお金持ちに見えます…。受験料もタダじゃないですし。

雑なまとめ

本書を読んでいて、私は随所に見られるプチ自慢の記述(プロジェクトのおかげで月収の倍のお金を一日で手に入れたなど)がそこはかとなくいやだとさえ思っていましたが、この記述を読んですべて腑に落ちました。

自分のことをダメ人間だと思っているからこそ、周りで高い評価を受けたり賞賛されたりする人物がいると妬ましく思い、ついつい自分と比較してしまいます。(p.153) 

私はきっと著者がうらやましく、妬ましく思っているのですね。ADHDであるのは同じなのにこの差はなんだ?と。かつ、キャリアを積んでいて経営もしたことがある=権威ある存在と無意識に感じ、権威ある存在に反抗する気質が反応しているように感じます。

そして、決定的な差。私は『ADHDでよかった』と思ってないのだろうな、ある種諦めているんだな、と。「この人と私は違う」で思考が終わってるんですね。でもうらやましい。私にはないもの(行動力や、コミュニケーション力など)を持っているから。

もともと「きっとこの本は合わないだろうな」と、怖いもの見たさで買った本ですが、やはりかっちりとは合わなかったようです。私は「ADHDで困る日々って、こういうことがあるよね」とか、「ADHDならこう片付けろ」とか、「地味だけど幸せだよ」みたいな本を読みたいのかなと。誰か出さないかなぁ。

とはいえ、著者のADHDに関する記述を通して、自分を理解することにつながったのは収穫だと感じました。自分の発達特性もそうですし、私は上昇志向なんてまったくないんだなと。そういう「成功」にまったく興味がないことに気づきました。著者がうらやましいとは、私にはないものを持っていることに加え、『ADHDでよかった』と思っていることに対してなのかもしれません。

多動性に困る方やADHDの特性を伸ばして成功するぞ!と思う方は、読むと勇気づけられるのではないでしょうか。

私は明日も、家でごろごろしようと思います。