ADHD大学生の日々

二度目の大学生活を送る、成人ADHD。コンサータその他服用中。

「誰にでもあること」と「障害」のはざまで

こんにちは、もちこです。

近年、自閉症アスペルガー症候群などは、自閉症スペクトラム(ASD)という言葉に置き換わりつつありますね。以前はここからが定型発達者で、ここまでは自閉症で、ここまではアスペルガー症候群…といった考え方でした。実際のところは定型発達者から自閉症まで、症状の重さや有無はさまざまで、区切ることが難しいものであり、虹のように連続しています。それで「スペクトラム(連続体)」という名称がつきました。

発達障害というものは、外見からすぐわかるものではなく、症状の出方も人によってさまざまで、なかなか理解されづらい側面があると思いますし、医師の診断も難しいと思います。しかし、周囲の理解なくしては快適に生きるのが難しいこともあります。

他者との感覚の差異

先日、私はADHDだと診断が降りたことを大事な人に話しました。病院にかかるきっかけになった人です。私の話し方が悪く、彼は「私が障害者扱いされた」と感じ、不快に思ったようでした。私は「自分ができないこと」を滔々と話してしまいました。今思えば、そんなことを話しても仕方がないことです。「私がこれをできないのは、脳の機能がうまくいってなくて」と突然言われても、混乱するのは当たり前のことです。 

彼はぽつりと言いました。

「片付けができないとか、短期記憶が弱いとか、誰にでもあることじゃないの?」

「もう、障害に関して調べるのはやめたら?」

すでに少し記憶がおぼろげになっているのですが、私はショックで押し黙ってしまい、「どうしてわかってくれないんだろう?」と考えていたと思います。彼は私の言っている「症状」が想像しづらく、受け入れにくいように感じると話してくれました。

私は改めて、他者の感覚が体験できないゆえに、発達障害を理解するのが難しいことを痛感しました。

誰にでも当てはまること?

 あなたは、バーナム効果という現象をご存知でしょうか?

バーナム効果(バーナムこうか、: Barnum effect)とは、誰にでも該当するような曖昧で一般的な性格をあらわす記述を、自分だけに当てはまる性格なものだと捉えてしまう心理学の現象。

(https://ja.wikipedia.org/wiki/バーナム効果からの引用)

 具体的に言うなら、「血液型と性格」でしょうか。数年前、『○型の説明書』という本が流行りましたよね。神経質、大ざっぱ、社交的、変わり者、マイペース…だいたいそんな言葉が躍っています。いわゆるあるある話では、「知らない間にどこかにぶつけてあざができている」とか。今は話のネタ程度のものですね。

バーナム効果の名前を知らなくとも、「そんなの誰にでも当てはまることだ」と捉えている人は多くいるでしょう。そこに「片付けができない」「感情をうまく制御できない」「段取りが苦手」「感覚過敏」という言葉を並べてみても、やはり同じように感じてしまうかもしれません。

けれども、ADHDの人は実際に困っているという厳然たる事実があるのです。

生活に困ったり、二次障害を発症してしまうほどのものならば、やはりそれはよくないことと捉える方がいいと私は思います。ADHDなら、

  • だらしない性格と言われ、自己肯定感の低下、うつ病の発症
  • 変わった振る舞いをすることを恐れ、不安障害に

といった二次障害があります。

果たしてこれらの二次障害も含めて考えたときに、誰にでも当てはまることでしょうか?

私はそうは思いません。

けれどADHDでない人との感覚の乖離が、問題を難しくしているように感じます。

甘えでも怠慢でもない

どこまでが健常で、どこからが障害なのか。

冒頭にも述べた通り、判断が難しいのが現状です。他人の感覚は、本人からの言葉で把握するしかなく、実体験できません。

周りを見てみると、同じような特性を持っていても、支障なく生活している人もいて、自分が甘えているだけなのかと頭を悩ませます。

けれど私は、あなたが困っているのは甘えでも怠慢でもないと思います。

「障害」という言葉を使わなくてもいいです。障害者だと思いたくないならそれでいいです。どうか自分が困っているという事実は、認めて向き合ってほしいと思います。

こう書いておきつつも、私もまだ、葛藤があります。コンサータを飲み続けていいのか、本当にADHDなのか。

けれど、自分が困っている事実と向き合って、ありのままの自分を認めたい。私は何者であるのか、土台を作りたい。そこから、自分が何をできるか探っていきたいです。

月並みな言葉ですが、自己肯定感が低い人は特に、自分を大事にしてほしいと思います。たとえADHDであっても、あなたの人生を決めるのは、あなた自身です。

私も手探りですから、いっしょに探っていきましょう。